« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年10月

2012年10月28日 (日)

30kmで撃沈!

ランのはなし・・・

本日は、きたひろしま30kmロードレースの日でした。
前回の苫小牧ハーフマラソンのあと風邪をひいて拗らせてしまい、ほぼ3週間走っていなかったのと、天気があまり良くないみたいなので参加をどうするか昨日の夜まで悩んでいたが参加賞の長袖Tシャツを貰うため、とりあえず用意をして現地へ向かった。
受付を済ませてTシャツはゲット(べつに・・・なTシャツでしたが)して、最終判断?
ココマデキタカラハシッテカエルカ。
予報どおり曇り空で今にも雨が降りそうな天気、しかも風が強くて寒い。
ヤッパリヤメヨウカ?
とりあえずトイレしようと体育館の中へ入ると偶然にもこうめさんに遭遇して「応援するからね!」のひと言でヤル気が出た。
いよいよスタート・・・いつもながら独特の雰囲気。
走り始めるとなんか身体が軽くて調子いいぞー!
順調にペースを刻んで?18km過ぎ、いつものように脚が重くなった感じがしてきたような・・・いやほんとに重くなってペースがどんどん下がっていく。
いつもとなんか違う。
22kmで終わった。
脚が止まって走れない。
走り出すと攣りそうになって歩いてしまう。
少し休んで走り出すも、棒のようになった脚はもうすでに自分の脚ではないような感覚になってきた。
それからは脚の痛みと汗が冷えたうえに強風が吹きつける寒さに痛めつけられながら歩き続ける悲しい我慢大会の始まり・・・ちょっと走り始めては歩く、ちょっと走り始めては歩く。
頑張ってゴール300m手前までくるとこうめさんが待っていて応援してくれる。
「脚が動かなきゃ手をおもいきり振って、脚のことは忘れる!そうすれば走れる!」
なるほどその通りにすると今まで動かなかった脚が勝手に走り出す。
でもゴール後、脚は悲鳴を上げていた。
なんとか棄権だけはせずに30kmを完走したがほんとに辛いレースだった。
今回の敗因は練習不足とペース配分だろう?
練習不足はしょうがないにして、走る前は6分/kmくらいで落ち着いて行こうと考えていたのに、いい気になってハーフのようなペースで飛ばし過ぎ、落ちていく。
仕舞いには走れなくなって行く、走りながら情けなくてちょっとだけ泣きたくなったレースでした。
これもまたいい経験ということで。
30km
3時間18分49秒

| | コメント (5)

2012年10月 7日 (日)

苫小牧マラソンハーフ完走

トレーニングの成果確認のためにハーフマラソン参加。

最近の練習では距離はあまり伸びないものの、タイム的には徐々にハイペースで走り込めるようになってきていたため、ハーフの目標タイムを1時間45分にして挑んだ。

苫小牧マラソンハーフは前半の緩い上り下りのほかはほぼフラットでずっと直線なんでペース配分が取りやすくタイムを出せるのでは目論んでいた。

スタートから5km上り下りをキロ5分を切るペースでいい感じ、そこからの直線コースは沿道の応援に励まされながら頑張り、ほぼ同ペースのキロ4分45秒で15kmまで走りきり、残り6km・・・ここからが長かった。

また18km過ぎから脚が棒になって感覚が無くなっていたが、それでも「終われば休める」と連呼して自分に言い聞かせ歩くことなく走り続けて最後の0.5kmラストスパートでオネーチャンを抜いてゴール!?のはずが競技場に入っての1周を忘れてた。

最後に抜いてきたオネーチャンにゴール前で抜かされてほんとにゴール!

1時間42分55秒

大幅に自己記録を更新して無事完走。

・・・

帰ってから身体を休ませるためゆっくりと温泉に入って来たんだけどなんか変だ。
走る前から喉が痛くてちょっと体調不良だったんだけど、ただいまの体温37.2℃、まだまだ上がりそうな感じ。
子の風邪がうつったんだな。
酒飲んで寝よ。

| | コメント (4)

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »