2012年4月17日 (火)

寒風吹く伊達を走る

4/15 伊達ハーフマラソン

昨年7月よりカヌーレースでの持久力アップと身体作りのために始めたトレーニングラン。
続けるうちに目に見えて成果が現れ、なにかしらの結果が欲しくなったので、とりあえずカヌーシーズンの始まる前の大会に参加。

伊達は雪が無くて暖かいイメージで参加したが、大会当日はほとんど太陽が顔を出すことはなく、冷たい風が吹くなかで鼻水垂らしながらなんとか走りきった。

目標は1時間50分・・・スタートから5kmを5分30秒/km、5-10kmを5分20秒、10-15kmを5分10秒、10kmからゴールを5分でと、勝手なイメージを描いていた。

スタートの1kmこそ混雑のため5分45秒であったが、4kmくらいまでは周りのペースに惑わされ5分を切るオーバーペースとなっていた。
このままでは最後まで持たないと思い、なんとか気持ちを落ち着けてペースを落とすもそれでも5分~5分10秒で12kmまで。

このコースは後半に一気の上りと下りが続くが、そのころには前半の無理がたたりやっぱりバテ気味に・・・それなのに上りで前を抜きにかかる俺、下りも一気に駆け下りる俺・・・そこは我慢しないとだめだろう。

そして18kmあたりからいつもの脚が重い感じにおそわれて、下りにもかかわらずペースが落ちていき、ここからの3kmがほんとに長かった。
それでも自分に負けまいと歩くことなく最後まで走りきる。

ゴールして思った・・・もうレースはいい。

まあ、どちらにしてもこれからはカヌーシーズンなんで秋まではカヌー漬けの生活だ。

Untitled1

結果 1時間49分50秒 

・・・

今回、自転車で先回りして応援してくれた相方と子はレースで走った俺以上に疲れて、身体中が悲鳴を上げているらしい。
それから今回みたく美味しいものがたくさん食べられるなら、また応援してやってもいいよ!だそうです。

| | コメント (4)

2009年5月 8日 (金)

ポカポカ陽気のお花見カヌー?

前日、ニセコからの帰り道でそこらじゅうの桜、こぶしが満開でなんだか花見がしたくなったので連休最終日は千歳川へ・・・
(行く途中でレオモナに遭遇、久しぶりに会えてよかったよぉ~)

スタート地点では北水カヌー部がスタート準備中。

ホントに暖かくゆっくりと準備してマッタリとスタート。

Imgp3624

サクラがきれいでーす。

Imgp3625

マナブへ着くと北水がロール練など訓練中で、ちょろっと子もフェリーの練習なんかしたりして・・・沈もしたりして・・・

結局40分ほど練習しておもいっきり疲れてしまった子はトイレタイムで上がった名水ふれあい公園でリタイヤ。

Imgp3631

当然、ここからゴールの高速下まで一人で鬼漕ぎ(しかも向かい風の中)して車回収、船回収、自転車回収。
汗掻き掻きの千歳川でした。

帰ってからはキャンプで残った食材の消化試合で・・・連休終了。

Imgp3635

| | コメント (0)

2009年4月13日 (月)

シーズン始まりと終わり・・・ニセコにて

先週末は気温も上がり、ドンドンと雪解けが進み川の水位もみるみる上昇していた。

土曜日はそんな少し雪の残る尻別川へ初漕ぎに向かいカヌーシーズンの始まり。

今回は増水期限定の春ラフトコースへ・・・

このコースの激流を知っているからこそドキドキのひとり(いたさん)と、爆流の話を聞いて想像が膨らみドッキドキのふたり(さちえちゃんと自分)はそれぞれが色々な想いを胸にスタートするのであった。

Imgp3232_2

ポカポカ陽気の中、前半はウォーミングアップの軽い瀬と瀞場を繰り返し少しずつ身体が温まってきたところで昼ごはん休憩。
これから待つ核心部のことを想うとあまり食が進まない。

序章の崩落堰堤

いよいよ核心部へ・・・

当然ヒーローコースを避けて下るのだが三角波を三つほど乗り越えると艇の中は水浸しに・・・もう漕ぐことなんか出来ず、なんとかバランスを取ることだけで核心部をクリア。

その後もこっちが核心部じゃないの?ってな瀬が次々と現われ、そのたびに艇が水舟になり水抜き作業を繰り返す。
で、気がついたこと・・・中途半端に水舟になるよりも満水になったほうが安定?して、浮き輪をつけて浮んでいる感じ。ただしエディまで艇を動かすのは大変だ!・・・

後半の疲れた身体に対して流れのほうは瀬と瀬の間隔を段々と短くして水抜きする暇さえなくなり、体力の限界まであと一歩というところでニセコ大橋下へゴール!
お疲れ様でした。

Imgp3241

今回はほど良い水位が岩を潰してくれて、岩避けがなかった分だけ楽なほうだったようです。
適度な緊張感が味わえる面白いコースでまた行ってみたい・・・かな。(だけどOCはきついなぁ~)

引き続き天気の良いニセコ
日曜日は川へ流れ落ちる前の雪を楽しみにニセコアンヌプリへ・・・

相方は春の増水した川(特に余市川)と重い雪のゲレンデには近づかないため、子とふたりで朝一から滑り始め、途中からいたさんと合流。

Imgp3243

Imgp3273

最高!の眺めと汗ばむほどの陽気のなか、チョッと重めのザラメで無理せず楽しみながら山頂からヒラフまで足を延ばす。

Imgp3261

Imgp3300 

オモイッキリ体力を使い果たして昼過ぎまで滑り、今シーズンのスキーシーズンを終了。

子も大満足。
いたさん、お付き合いありがとうございました。

| | コメント (0)

2009年3月10日 (火)

ほんとにがんばったで賞

3月7日

札幌市主催の雪と暮らすおはなし発表会で子が『風船アイスキャンドルの作り方』を発表。

PCでの資料作りから練習まで一生懸命がんばっていたので、ひとりでしっかりと発表できました。good

Imgp3097_2 Imgp3117 

3月8日

ニセコビレッジでの8時間耐久レース

父のチームの女性が急に参加できなくなり、なんと!いきなり子が出場することに・・・

でもそのおかげで『がんばったで賞』を頂き、もとは取りました。

Imgp3121 Imgp3132

3月9日

発表会の極度の緊張とレースの疲れ?、いやいやレースと関係なく滑りまくってたからか、学校から帰ってきて子がダウン!・・・熱でちゃった。

| | コメント (2)

2009年1月26日 (月)

ニセコでスキー

前日からの雪はどれくらい積もったのか?
フカフカの雪を期待してリフト運行前のスキー場へ向かう。

コンディションはまあまあ。
あとは天気さえ良ければなぁ。

それにしても寒い!
相方と子は顔面を覆っているのでまだいいけど、自分はホッペに突き刺すような痛さ(冷たさ)を感じつつ、鼻水垂らして頑張った。

昼前にパァーっと晴れ間が覗いてきたので、こりゃぁ~今しかないと山頂下までリフトで向かい、下界のすばらしい景色を眺めながら「さいこーだねぇ~」なんて喜んでいたのに・・・

あともう少しのところで吹雪が山頂から降りて来た。
山頂付近は雪付きが悪くて所々アイスバーンが顔を覗かせているため、早く降りたいのに降りれない・・・相方
置いて行く訳には行かず、待ってるうちにホッペが凍りつく自分。
サッサと逃げ降りてく・・・子。

子は冬休みの短期講習でしっかりと上達して滑りが変わっていた。

降ったり止んだりの雪模様の中、心地良い疲れを感じる程度で久しぶりのスキーは終了。
(約一名はドッと疲れて早めに切上げ・・・)

Imgp2427_2

・・・帰ってからも

・・・寒い!

Imgp2444
札幌も冷え込んでいたみたい。

| | コメント (0)

2009年1月 5日 (月)

またまた滑りに!

自分はまだ休みのため仕事の相方をおいて、子とふたりでまたまたスキーへ行こう!

本日は近場のテイネで滑ろうと、営業開始の9時前に駐車場着!

さび~な~・・・こんなに寒くてリフトに乗ってられるのか?

Imgp2264 Imgp2271

とりあえずオリンピアの全コースをひと滑りしてから連絡ゴンドラでハイランドへ向かい、さらに今年新設の4人乗りクワッドで山頂まで一気に上がる

Imgp2274_2 Imgp2276

山頂はすべてが雪につつまれている白銀の世界。

Imgp2282 Imgp2286

天候も回復してきて気持ち良く滑るスベルすべる・・・が、風が冷たいぃ~。

寒いのでサッサと滑って昼ごはん食べて12時半にはスキー場を後にする。

あとから来る筋肉痛がこわい・・・

| | コメント (0)

初滑り

今シーズンの初滑りは例年になく遅く、年を越してしまった。

仕事の疲れか、それとも歳のせいか気が乗らずにズルズルと延ばしていたが子の要求がキビシクなってきたので渋々?と札幌国際へ向けて昼前に自宅出発することに・・・

Imgp2236

ゲレンデコンディションはいい感じで軽いパウダーの中、相方はいつものマイペース滑り・・・子は今年のスクールに向けて、父からのしつこくうるさいアドバイスにウンザリで切れ気味ながらもそれなりに滑り・・・で4本を滑り、体力の限界(3人の意見が一致)により終了!

Imgp2246_2

久しぶりの運動は相方、自分ともすがすがしい気持ち良さとほど良い疲れを感じさせながら、また滑りたい!という気持ちを湧き立てるものがあった。・・・あとから来る筋肉痛は怖いけどねぇ~

Imgp2263

スキーのあとはもちろんお決まりの温泉で身体リフレッシュ!!

| | コメント (0)

2008年4月21日 (月)

北海道の春じゃねぇ~

ほんとに初夏のような気温の続いた先週末でしたが、土曜は再び尻別川の川下り!

今回は新人さん(女性)の腕っぷりを見るため喜茂別から京極までの上流部を・・・

P4190004 P4190011

P4190012 P4190016

雪解け増水で流れも速く、新人さんの沈を期待していたのに全然問題ないじゃないですか。・・・ということで流れも速く予定より早く終ったので二回戦突入!

人数は減ったけど、中流部ラフトコースへ移動。

P4050008_4 P4190022_3

(左:二週間前、右:今回)

岩がらみは全く無く、けっこうな波高の流れがぼちぼちと・・・

P4190027 P4190037

新人さんを気に掛けながら、実は自分も心臓バクバクが何回か。P4190051 P4190062

無事、誰も沈することなくアッ!と言う間にゴーーール。(50分弱)

P4190066 P4190071

オツカレサマデシタ。

・・・

次の日も・・・

天気がいいいいいいいい。

ちょっとした用事を済ませ、午後から自転車でも乗って来ましょうかと、野幌森林公園(大沢口)まで出かけました。

さすがに天気がいいのでみなさん行動してるから駐車場も混んでますが、たまたま空いていた所に車を止め、さぁ~準備開始。

・・・父の自転車(折りたたみ)・・・準備カンリョウ。

・・・相方の自転車(昔のマウンテンバイク)・・・準備OK!

・・・子の自転車(いつもの遊び用)・・・そういえば、鍵持ってきたっけ?

・・・忘れた!!!!!

父はあらゆる工具を駆使して格闘中!・・・

P4200001 

何とかなりました。

では、百年記念塔まで・・・まだみんな余裕。

P4200007 P4200010

記念塔にも登って、次に向かうは瑞穂の池まで遊歩道を通って・・・?

そう、遊歩道なんで一気に下って、次は長い登りの階段?・・・かいだん?・・・カイダン。

P4200014

子の自転車が一番重いんだよねぇ~

一気に体力を使い果たしたものの、何とか瑞穂の池まで・・・

P4200017

その後も一部階段を登り、出発地点の大沢口まで戻り、自然ふれあい交流館で休憩・・・

P4200020

いい運動してお腹も空いたので帰りは父のリクエスト、トンデンファームのピリカソーセージを頂きま~す。

P4200023 P4200024

(ビールのつまみにクラコウもゲット!)

P4200025

そのあとは子のリクエストで何処だかのクレープもいただきま~す。

身体もお腹も満足の日曜日でした。

| | コメント (0)

2008年4月13日 (日)

天気がいいので。

なんだか風もなくて暖かい?

ということで、本日は千歳川へ・・・

P4130001

来週の例会へ参加できない相方を漕がせてあげるため、下見を兼ねてファミリーダウンリバーということだったのに、いきなり相方は「今日はここでいい!」としっかりセンターのお客様席を陣取り・・・出発!

P4130005

水が少なく川底をパドルでたたきながら、カワセミやヤマセミそれにキセキレイなどを追いかけてサッサとマナブまで漕いでコイデ・・・

P4130010

その後も全く停まることなく一気にゴールの高速下まで漕ぎ降り、約40分ほどでダウンリバー終了!!

P4130012

急いだ訳は・・・

P4130013

腹が減ってしまって早く、マルジンが食べたかったから。

P4130018

久しぶりに食べる○ジンはウマッ!、これでbeerがあれば最高なんだけどねぇ~

お腹いっぱいで、春の陽気もいっぱい満喫。

あとは温泉に入って帰りましょ!

P4130026

| | コメント (2)

2006年11月21日 (火)

筋肉痛で・・・

足腰が痛く、全ての関節が悲鳴をあげている。

というのもこの前の日曜日はスキー初滑りを満喫して、おもいっきり楽しんできたのですが、さすがに体力の衰えを感じてしまう今日この頃ですね。

きっかり一日遅れで筋肉痛がおそってきました。

Pb190066

ちなみにゲレンデ状況はというと雪は少ないものの、上部ではブッシュも無く雪質もまあまあ・・・さすがに下部ゲレンデは夕方近くなってくるとザクザク

こんどはいつ行こうかな。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧